ほーむ ザンマイムイ さする庵 あいがく堂 ぶろぐ ブログの広場 お問い合わせ
 アルバム 情報ボックス ご使用案内 掲載エッセイ 晩年研究 地図 個人情報保護


         
   


 「拈華微笑」を読み終えて                平成27年 3月 17日

  この本を手にしたとき、まだ冬の寒さをむかえる前だった。読み終えるまで、どれほどの時間をかけたのか。今まさに、美しい表紙画のような桜の花が、芽吹き始める。 拈華微笑を読み終えて、私にもやっと春が訪れた。

佳津先生の文字は、私の心へとやさしく語りかける。まるで踊りを舞っているかのようなリズミカルな文章は、ときに難解で捉え難いセクションも、わかりやすく、すんなりと心の中に言葉を染みわたらせてくれる。
なんとも居心地がよく、余韻にひたる。

佳津先生との出会いは、まさに安心立命である。

満月新月鋭利な三日月 心安らぐときなれば 月の満ち欠け知りたるも
月の光がそそがれば  我の至らぬ無知を知り  命たぎらせ心に舞う
今宵の月はいま何処

 

大谷 綾


   
         


前のページに戻る